ブロンプトンとダホンK3 どっちか比較!後悔しない選び方

スポンサーリンク

ブロンプトンとダホンK3は、折りたたみ自転車で比較検討されることが多い自転車。今回は、折りたたみ自転車のブロンプトンとダホンK3のどっちかを購入をすればいいか悩んでる読者に参考になる記事です。

金額も決して安い買い物ではないので、後悔しない選び方を学んでいただけると幸いです。最初に重視すべきポイントを挙げさせていただくのであれば下記の2点です。

・折り畳んだときのコンパクト感

・走行性能(乗り心地)

上記の2点は、ブロンプトンとダホンK3を比較するために、注目したい選ぶポイントです。折り畳み自転車であれば家の場所をとらず保管できるかどうか。また、ライフスタイルに合わせた自転車を選ぶためには乗り心地である走行性能も重要になってきます。

目次

ブロンプトンとダホンK3の特徴や性能を比較

ブロンプトンとダホンK3の特徴や性能を比較します。

同じ折り畳み自転車でも、特徴や性能は明確に違いがあるのでそれぞれ紹介していきます。また、ブロンプトンとダホンK3の特徴や性能は利用される方の利用目的によっては大きなポイントになります。

両者の特徴や性能を比較しながら読める記事は、数少ないので必見です!

ブロンプトンの特徴と性能

ブロンプトンの特徴は、クロスバイク並みの安定感があり、性能もギア変速を装着しております。

なぜなら、ブロンプトンは長距離を走行してもストレスなく走れるように開発しているからです。

例えば、旅先にプロンプトを持っていた場合、ある程度距離を走ることが想定されます。
そのときに、2段から6段の変速ギアが有効になります。

このように、ブロンプトンは旅先に持ち運びしたくなるような自転車です。

ダホンK3の特徴と性能

ダホンK3の特徴は、ロードバイク並みのスピードを実現できる自転車です。
また、性能は3段変速ギアを装着してます。

なぜなら、この3段変速のギアが装着されていることでロードバイク並みのスピードが実現できているからです。

このように、ダホンK3はロードバイク並みのスピードが出るので走っていて気持ちいいと思います。しかし、乗るときはスピードの出し過ぎは気をつけて下さい。
安全第一で、ダホンK3を楽しみましょう。

ブロンプトンとダホンK3のメリット・デメリット

ブロンプトンとダホンK3のメリットデメリットについて、紹介しましょう。

特に、両者の共通点が多いため購入を検討するときは、迷います。

そのため、ここでは両者のデメリット・メリットを紹介することで購入検討する際の資料として役に立てればと思います。

ブロンプトンのメリット・デメリット

ブロンプトンのメリット

まずは、ブロンプトンのメリットは2つあります。

1.折り畳むのが簡単

2.キャリアのコロコロで押して運べる

以上です。

折り畳むのが簡単

1つ目の「折り畳むのが簡単」については、作業に慣れたら1分程度で折り畳むことが可能になります。作業行程も難しくないので、2・3回程度すると慣れると思います。
購入前に、一度YouTube動画で折り畳む作業をみるとその作業行程もイメージがつくので
オススメです。

キャリアのコロコロ

2つめのキャリアのコロコロについては、リアフレームとリアキャリアにそれぞれローラが有るので、それで移動可能です。
力が弱い女性には、最強の味方になるローラです。

ブロンプトンのデメリット

次に、ブロンプトンのデメリットは、取扱い店舗が少なく、急な修理やメンテナンスを受けることが難しいので大変です。

なぜなら、ブロンプトンは、専用部品が多いため自分で修理することが難しいからです。

例えば、福岡県で取扱い店舗を検索すると2店舗しか見つかりません。

このように、取扱い店舗が少ないので急な修理に対応ができないことがデメリットだと思います。

ダホンK3のメリット・デメリット

ダホンK 3のメリット

ダホンK3のメリットは、車体が軽いので持ち運びが便利です。
その重さは、7.8kgなので、片手でも持ち運び可能です。

車体の軽さの理由は、軽量アルミニウム合金をはじめ、肉抜きにより軽量化施されたk3専用の大型クランクによりこの軽さが実現しております。

このように、ダホンK3のメリットは車体の軽さです。折り畳み自転車の重いという
ネガティブなイメージを払拭してくれる自転車です。

ダホンK 3のデメリット

ダホンk3のデメリットは、転倒の危険があります。

なぜなら、タイヤの大きさが14インチなので乗り慣れるまでは、小さい石ころでも
ハンドルが取られるからです。

例えば、舗装されていない道路や街中の段差では、急にハンドルが取られることがあります。

このように、タイヤが小さいこともあり街中の走行には注意です。
もし、可能であれば自転車の走行に慣れてない人は、プロテクターの装着をオススメします。最後に、タイヤが小さいので漕ぐのをやめるとすぐ止まるので、漕ぎ続けることがしんどくなります。

↓著者の自転車のパーツなどは、店舗のあるワイズロードで購入しています。

ブロンプトンとダホンK3の乗り心地は?

ブロンプトンの乗り心地は、地面からの振動も少なく身体への負担少ないがダホンK3は、
長時間乗っていると身体へ負担が出てきます。

なぜなら、ブロンプトンはリアのショック吸収ゴムにより衝撃を和らげているからです。
また、ダホンK3はタイヤが小さいため地面かの衝撃をうけやすくなっています。

たとえば、大きなロードバイクだと地面からの衝撃は受けにくいと思いますが。それは
タイヤが大きいからです。

折り畳み自転車は、タイヤが小さいので地面の衝撃を受けやすいため身体への衝撃は多少あるので、乗り方には工夫が必要だと思います。

アマゾンやネットショップのレビューまとめ

ダホンK3のネットショップのレビューは、有料の付属品がプレゼントされたりなど
購入者にとって有益な情報がありました。

例えば、スリップバックミニとフロント用ledライトがプレゼントされてました。

正規のディーラーかネットで購入するかを比較検討する際には、ぜひこのようなプレゼントが付いてくるかどうか確認してみてはいかがでしょうか。

ブロンプトンとダホンK3の共通点

ブロンプトンとダホンK3の共通点は、持ち運び可能で、走っていても小回りができるので
多様なライフスタイルに対応できる点です。

なぜなら、折りたたんだ時のサイズ感も非常にコンパクトで、持ち運ぶときも気にならない大きさだからです。また、ホイールサイズも小さく、小回りができるので狭い道でもストレスなく走行可能です。

たとえば、旅先で観光名所の周辺を観光したときに徒歩で歩くと、体力と時間の問題になりますが、このような持ち運び可能な自転車があれば時間が許すかぎり観光できます。

このように、ブロンプトンとダホンK3の共通点は持ち運びのしやすさと、ライフスタイルに応じた走行がストレスなくできることです。
旅先でも利用できるため、ガイドブックに載っていないお店も新たに発見できるチャンスがあります。

ブロンプトンとダホンK3 後悔しない選び方は?

ブロンプトンとダホンK3の 後悔しない選び方は、「コンパクト折りたためるか」と
「走行性能」だと思います。

なぜなら、このタイプの折り畳み自転車は持ち運ぼを想定しているためその時のサイズ感や
走行しているときの乗り心地が大事になってきます

例えば、持ち運ぶときに大きすぎると周囲の人に迷惑をかけることもあります。
また、走行するときもペダル漕がないと思ったよりもスピードの維持ができないなど
自転車にも特徴があります。

このように、ブロンプトンとダホンK3の 後悔しない選び方は、折り畳んだ後のサイズ感と
走行しているときの乗り心地が重要だと思います。
それを見極めるためには、試乗しながら自転車を体感して頂き後悔しない選択をお願いします。

ブロンプトンをおすすめできる向いてる人

ブロンプトンをおすすめできる人は、旅行が好きな人です。

なぜなら、旅行先での選択肢が広がるためより旅行を楽しめます。
また、フロントに装着できるbagも種類がたくさんあるため、その用途に合わせたbag選びが可能です。

例えば、旅先になると移動する時のbagなどをフロントに装着することで、気軽に
サイクリングを楽しめます。
また、旅行するときは、肩掛けのbagを利用する方も多いと思いますので、自転車を漕ぐときの邪魔にもなります。

このように、旅先での行動範囲が広がるのでとても、旅好きには興味のある話だと思います。

ダホンK3をおすすめできる人

ダホンK3をおすすめできる人は、通勤や街乗り用と考えている人です。

なぜなら、タイヤが14インチと小さいので少し走りには不安があるからです。
つまり、タイヤが小さいので長距離を走ることにはあまり向いてないです。

たとえば、昨今、街中で小さい自転車を利用して通勤や買い物をする方を多く見受けられますが、そのような用途で利用する自転車です。
また、コロナ禍でもあるため通勤ラッシュを防ぐのにも有効だと思います。

このように、ダホンK3に向いている人は街中を「ちょい乗り」できる人です。
昨今、車を所有する人も減少傾向にあるので、このような自転車を1台もっていると
日常のライフスタイルにお役に立てると思います。

ブロンプトンとダホンK3 どっちか比較!まとめ

皆さん。いかがでしたでしょうか。ここまでは、ブロンプトンとダホンK3 の両者を比較しながら、性能やメリット・デメリットなどを紹介してきました。

また、自転車の特徴を踏まえて、どのような人にこの自転車が向いているのかも紹介しています。自転車を買ったあとに後悔ではなく「買って良かった」という気持ちになってほしいからです。

ぜひ、この記事がブロンプトンとダホンK3の購入検討を考えている皆様のお役に立てていただけたら幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる